ハウスクリーニングを開業したい方は必見!

ウーマン

注目のビジネス拠点

相談

法律や言葉の壁を払拭

インドネシアは、海外からの株式投資が活発化しています。そのため、様々な分野の企業が会社を設立しています。それは、日本も例外ではありません。工場の拠点や店舗をインドネシアに展開する動きが盛んになっています。そこで、多くの事業者がコンサルティング会社と共にインドネシア進出への道を切り開いています。コンサルティング会社は、常にインドネシア各地の土地や消費の傾向などの情報を収集しています。よって、依頼人の要望に沿った場所とサービスの提案が可能です。中には、非公開の現地情報を掴んでいるケースもあります。そのうえ、コンサルティングスタッフとともに現地視察を行うことで、チェックするべきポイントを押さえた有意義な内容になります。また、コンサルティング会社では、インドネシア語に長けた人材を確保しています。そのため、現地の交渉はもちろん、現地スタッフと日本人スタッフのコミュニケーションも滞りなく進みます。さらに、事業開始に関わる書類の作成代行も行います。インドネシアは、ビジネス進出の一連の手続き業が複雑な国として知られています。それゆえ、会社設立を諦める事業者も存在します。しかし、コンサルティング会社を利用すれば、申請書や資産の登録などのすべての事務仕事を任せられます。よって、依頼者は海外進出の人的コストや時間的コストを削減できます。以上の理由から、インドネシア進出においては、コンサルティング会社の活用が注目されています。