ハウスクリーニングを開業したい方は必見!

ウーマン

店舗経営の改善に

レジ

データ集約で役立つ

従来のキャッシュレジスターとは違うposレジシステムは、「points of sales」の英語の頭文字から取った新しいシステムです。これまでは商品の金額をまとめて会計するだけの独立したシステムで、金銭だけのやりとりをしていたものですが、posシステムはネットワークで繋がったレジから販売情報が集約されるようになっています。これによって1日の終わりに集計することなく、どの商品がどれだけ売れたかをすぐに把握できるのです。販売実績を即座に収集できることから、このデータを元に在庫管理やマーケティングに活用し、販売戦略を効率化できるようになります。例えば発注は、売れ行きを見てから行うのがこれまでのやり方で、そのためには閉店後に集計を行ってから検討するものでした。しかし、posシステムを導入することで、営業中でも確認することができ、すぐに対応することで品切れなどのリスクを軽減することができます。また、従来のレジでは金額や部門を手打ちして会計するため、間違いを起こすこともありましたが、ネットワークで繋がったposシステムなら商品登録されたデータベースを用い、バーコードスキャナーすることでミスを減らしたり、打ち込みの時間を短縮することができます。素早く会計できるということは、お客を捌く時間が減り、それだけ回転率を上げることにも繋がります。ネットを通じてデータベースで管理できることから、多店舗経営に強いシステムであることは間違いなく、店舗ごとの売り上げをその場で確認することが可能です。チェーン店で採用されることの多かったposシステムは、現在では小規模店舗でも経営改善のために役立てているところも少なくないようです。