ハウスクリーニングを開業したい方は必見!

ウーマン

赤字の会社は売れるか

ビル

将来性がポイント

企業買収は収益性を向上させるために行うものですから、赤字が出ていれば会社売却できないと考えるのが普通です。しかしたとえ赤字でも、会社売却可能な場合があります。たとえば他の企業にはない独自の技術やノウハウ、販路などを持っている場合は、それが評価されて売却できることもあります。また買い手とのシナジー効果が見込める場合には、多少の損失が出ても買収したい企業があるかもしれません。どんな理由で買収に応じるか分からないので、あきらめずに会社売却の相手を探すことが大切です。とはいえ赤字企業の売却が難しいことは事実ですし、倒産寸前になってから相手を探しても見つかる確率は低いでしょう。スムーズに会社売却をしたいなら、深刻な事態に陥る前に手を打つ必要があります。また少なくとも経営の健全性を心がけ、簿外負債などは極力作らないように努力します。状況の変化や今後の投資で経営改善が期待できるなら、会社売却が成功する可能性は高くなります。最初から売却を目的として会社を設立する方もいるでしょうが、多くの会社は独立して収益を上げるために設立されます。その目的が達せられなくても、しっかりした体制が構築されていれば、将来に期待を持つことができます。設立からの年数には関係なく、将来性のある会社ほど買い手も付きやすくなります。最終的には人間と人間の交渉になるため、数字だけでなく経営者の人柄やビジョンも重要なポイントと言えるでしょう。